MENU

フケを止めるにはどんなシャンプーがおすすめ?

 

フケが落ちて気になる、フケが肩に積もってしまう…、そんな悩みを持っている人は少なくないのではないでしょうか。

 

フケを改善するためにまずするべきことはシャンプーを見直すことです。フケには様々な原因があるので、その原因を理解することも大切です。

 

まず、シャンプーそのものが刺激となってフケを引き起こすことがあります。逆に、シャンプーをしなさ過ぎても当然汚れが溜まってフケの原因となります。

 

刺激にはシャンプーからのものだけでなく、毛染めやパーマなどに使う薬品からの刺激もあります。

 

他には男性型脱毛症AGA)によって皮脂が多くなりすぎてしまうことや、地肌がもともと弱くてかゆみなどがある場合などでもフケの原因となってしまうそうです。

 

また、生活習慣にフケの原因があるときもあります。特に生活が不規則な人やストレスが多い人などはフケが出やすいようなので気を付けるようにしましょう。

 

これらの原因からも分かるように、刺激不衛生な頭皮環境などに気を付ける必要があります。

 

 

どんなシャンプーを避ければいいの?

 

では、どんなシャンプーを使うとフケが出てしまうんでしょうか。フケが出てしまうシャンプーは意外かもしれませんが、洗浄力の強すぎるシャンプーです。

 

シャンプーの洗浄力が強いならしっかり汚れを落とすことができるから頭皮によさそう、と思うかもしれません。

 

しかし、洗浄力が強すぎると、頭皮の保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまうんです。

 

皮脂が多すぎるとカビや雑菌の餌となってしまうんですが、逆に皮脂が少なすぎると頭皮が乾燥しすぎて、バリア機能が低下してしまうんです。

 

そうなると、頭皮は保湿しようとして皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

 

つまり、汚れや皮脂を全く落とさないのは問題ですが、落としすぎても問題となる、ということです。

 

なので、洗浄力が強すぎるシャンプーは避けるべきなんです。例えば、食器洗いなどで洗剤を使っていると手がカサカサになってしまいますが、頭皮もあのような状態になってしまうことがあるんです。

 

特に頭皮が敏感な人ほど洗浄力の強さが問題になりやすいです。

 

皮脂が多すぎるから、と洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと皮脂を落としすぎてさらに過剰分泌を促してしまう、という悪循環になるんですね。

 

皮脂型のフケと乾燥型のフケについて

フケには皮脂型のフケと乾燥型のフケの2種類があります。パラパラと落ちるようなフケは乾燥型で、掻いたりするときに爪に詰まるようなフケが皮脂型のフケです。

 

臭いの原因となるフケは皮脂型のフケです。

 

 

どんな洗浄成分が入っているかを見てシャンプーを選ぼう!

 

一般的なシャンプーにはラウレス硫酸などの石油系の界面活性剤が利用されています。これらは非常に洗浄力の高い洗浄成分です。

 

当然この成分では洗浄力が強すぎて、フケ改善には使うことができません。

 

フケの改善におすすめなのが、アミノ酸シャンプーと呼ばれる、アミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーです。

 

アミノ酸はもともと人間の体にも存在していて、その成分に近いアミノ酸を使っているので、頭皮への刺激が弱いのです。

 

もちろん洗浄力は石油系のものより弱いのですが、汚れはしっかり落とすことができるので心配はいりません。抜け毛改善のための育毛シャンプーとしてもおすすめです。

 

保湿などに必要な皮脂はしっかり残るので、頭皮が乾燥してしまったり、髪がきしんでしまったりすることがありません。

 

アミノ酸系シャンプーは万能?

汚れはしっかり落とすけど、頭皮には優しい、アミノ酸シャンプーは非常に優秀です。

 

しかし、問題が全くないわけではないので注意しましょう。具体的にはアレルギーの問題があります。

 

アレルゲンには様々なものがあるので、アミノ酸シャンプーに使われる植物にアレルギーがある場合、アミノ酸シャンプーにアレルギーを起こしてしまいます。

 

植物が何種類使われているかはシャンプーによって違うので、アレルギー体質なのであれば、シャンプー選びの際にしっかり成分の確認をしましょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



アデランスヘアリプロシャンプーお試し