MENU

育毛シャンプーはノンシリコンが必須?シリコンの善悪と安全性

 

以前、ノンシリコンシャンプーというシャンプーが話題になりました。

 

かなりブームになって、ドラッグストアなどにもノンシリコンのものが並べられたりしていたので多くの人が聞いたことがあると思います。

 

多くの商品が女性用だったのですが、育毛シャンプーにもノンシリコンのものが登場するようになってきているので、気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

ノンシリコンはいいもの、と思い込んでしまい、特に調べもせずにノンシリコンを使ってしまう人もいますが、薄毛などに悩む人にとってはしっかり良いものなのか悪いものなのか調べて使いたいと思いますよね。

 

そこで、ここではノンシリコンとはどのようなシャンプーなのか、ノンシリコンのシャンプーが育毛にもいいのかをまとめてみたいと思います。

 

 

ノンシリコンの意味って?

 

まず、ノンシリコンとはどういうことなのかから説明したいと思います。

 

ノンシリコンとは、シリコンが含まれていないという意味です。そのまんまですね。

 

シリコンとはケイ素のことで、合成樹脂などに用いられます。

 

髪についてはコーティングのような効果があるので、髪のきしみ改善などに効果があります。

 

成分としては、シルキ、シリカ、スクロメチコン、ジメチコンなどが配合されています。

 

これらが配合されていないものをノンシリコンと呼ぶのですが、要するに髪のコーティング成分が配合されていないということですね。

 

ノンシリコンは良いものなの?

 

もともとノンシリコンが流行った理由はなんなんでしょうか。それは、シリコンが毛穴をふさいでしまうと言われだしたからです。

 

毛穴にシリコンが詰まれば、炎症が起きてしまう可能性があるんです。

 

育毛シャンプーにノンシリコンが登場したのも上記と似たような理由で、コーティング剤がシャンプーや育毛剤に含まれる成分の吸収を邪魔してしまうのではないか、と言われ始めたのが発端のようです。

 

 

ノンシリコンは安全?

 

ノンシリコンはコーティング剤が入っていないので安心、ということでしたが、シリコン自体が含まれていなくても、代わりにコーティング剤として機能する成分が配合されています。

 

代わりの成分にも様々なものがあるんですが、それらの中には安全性に問題があったり、髪を保護する働きの弱いものなどもあったりするんです。

 

そんな成分が配合されたものを使うくらいであれば、今まで長い間使われてきたシリコンの配合されたものを使ったほうがいいという意見もあります。

 

特に、紫外線乾燥からコーティング剤が髪を保護してくれている、というのは注意しておかなければなりません。コーティング剤は絶対に悪いものということではないんです。

 

シリコンの代わりとなる成分には、天然オイルであるナッツ油やオレンジ油などと、PPG-3カプリリルエーテルやポリクオタニウム-7〜51などがあります。

 

髪にボリュームがある方は、シリコンの方は髪を重くしてしまうので、ノンシリコンで代わりのコーティング剤を使っているシャンプーの方がいいかもしれません。

 

なので、短い髪でカラーを入れてない人はノンシリコン、髪が長くて染めているならばシリコン入りのものがおすすめです。

 

髪を染めているかどうかが関係するのは、カラーを保護する働きもコーティング剤にはあるからです。

 

必ずしもノンシリコンのものを選ばなくてもいい、ということですね。自分の髪の長さなどを考えながら、ノンシリコンとシリコン入り、どちらを使えばいいのかを考えるようにしましょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



アデランスヘアリプロシャンプーお試し